美味しそうなこのお肉の脂身がそのまま私の脂肪になるのかな

「食べたお肉の脂身がそのまま自分の脂肪になってしまう?!」…食べた肉の脂身がそのまま全部脂肪になってしまうとは思われませんが、肉の脂身をたくさん食べれば、それだけ脂肪が増えてしまうことに疑いはありません。

愛知県名古屋市の栄養士養成施設:NSC 名古屋栄養専門学校

脂肪は、3大栄養素のひとつであり、生命活動に必要なエネルギー源になるとともに、からだを構築する材料にもなりますので摂取する必要はあります。そして、からだの中に摂り入れられた脂肪は、脂肪組織を構成する脂肪細胞に貯蔵されます。つまり、脂肪はエネルギーとしてからだの中に蓄積されますので、空腹時や運動する際などのエネルギー不足を、この脂肪細胞に貯蔵された脂肪を取り出してエネルギーに変えることで補うのです。それゆえ、逆に脂肪の貯蔵が足りないとエネルギー不足状態に陥って活動に支障を来すのです。

ダイエットの3大栄養素のバランス|筋トレWEB~自宅で本格筋トレ講座~

他方、脂肪には分解され易い脂肪と分解され難い脂肪があるのです。分解され易い脂肪は、魚や植物に含まれている飽和脂肪酸であり、分解し難い脂肪は、肉に含まれる不飽和脂肪酸なのです。それゆえ、肉の脂身をたくさん摂れば、分解し難い不飽和脂肪酸が体内にどんどん蓄積されますので肥満の原因となり、中性脂肪やコレステロール値を高くしてしまうのです。そのことから分解し難い脂肪を分解し易くすることが大切になるのです。

プロテインはこれがオススメ

そのためには運動やエクササイズを積極的に取り入れることで、脂肪細胞に溜まった不飽和脂肪酸をエネルギーに分解させて消費させることが必要になってくるのです。
以上のことから、肉の脂身を取れば取るほど自分の脂肪となってしまいますが、積極的にエネルギーに分解させて消費させれば心配は要りません。