転職するたびにお給料がアップしています

私は今年で30歳になりますが、大学を卒業して新卒で入社した会社から数えて、3社の転職を経験しました。彼女からは「もう少し一つのところで長く勤めてみたら?」と言われていますが、私が職を頻繁に変えるのは、腰を落ち着けて働ける良い会社に巡り合うために行っている一面もあるため、今のところ改める気はありません。
それに、転職するごとにお給料が下がるならまだしも、私はきっちりと昇給していますので、自分では問題ないと考えています。


思えば社会人として一番最初に勤めた会社は就労環境が悪く、また、いくら新卒と言えどあまりにお給料が低かったため、これが半ばトラウマのようになり、「よりよい仕事環境とより高い給料」を求めて転職するのが癖になってしまったのかもしれません。

2015年度新卒採用情報 - 採用情報 - ジェトロ

具体的にその劣悪な就労環境を挙げてみると、私が最初に入社した会社は、何と冬場でもエアコンを使うことが禁止されており、室温10度前後のところでの仕事が強要されていたのです。屋外の仕事ならまだ分かりますが、事務仕事でパソコンを使う業務内容で、この作業環境はあまりにもひどいと、今でも思っています。
そんな過酷な状況で支払われるお給料は何と15万前後と、就職試験を受けた際に提示された条件を大幅に下回っていました。そんな環境でも私は2年我慢しましたが、一向に改善される気配がなく、「あぁ、これはだめだ」と始めての転職に踏み切りったのを覚えています。

広島大学 求人票の受付

転職を繰り返し、より良い環境と給与をいただいている今だからこそ、「笑い話」に出来ますが、あの会社よりブラックな企業はあまり無いだろうなと思う私です。